▲運転台付近はなんとなくバスの感じが出ていますが、ボンネットは…乗用車だよなこれ。

▲運転台。運転士のポジションに座ると選曲はできますがマイクは手に取れません。選曲してから後部座席に行ってもいいのですが、今度は運転ができません。


▲後部座席はリズムパート担当。歌詞カードもついている新設設計。

プロトタイプ メリケンのスクールバスっぽいですね
分類 ムーバー
メーカー トーゴ
採集年月日 平成21年6月23日
採集場所 東急百貨店東横店屋上


 俺は歌をあまり歌わないのでアレですが、カラオケはすっかり娯楽として定着しました。ですから、カラオケをライドで楽しもうという発想があっても不思議ではありません。トーゴもそんなことを思ったのかわかりませんが、カラオケをテーマにしたライドをいくつか作っています。 ただ、この「ファミリーカラオケバス」はなぜにバスなんでしょうね。
 それはさておき運転台にはハンドルのほかにボタンが4つあり、「ドラえもんの歌」「犬のおまわりさん」「アンパンマンのマーチ」「きしゃポッポ」が選曲できます。後部座席にはマイク(ダミー)と5つのボタンがついておりボタンは。掛け声、カスタネット、タンバリン、太鼓、トライアングルに対応しています。物理的にひとりですべてのフィーチャーを同時に楽しむことはできない仕様になっており、なるほどファミリーカラオケバスです。
 また、同時にすべてを楽しめないということは何度も遊んでもらうための「引き」にもなっているのでしょうか。そのへんの意図はよくわかりませんが、家族みんなで楽しめるキディライドというのはたいへんすばらしいコンセプトだと思います。
トップへ戻る inserted by FC2 system