小さなメリーゴーラウンドたち 
その1 ホープ&ミニメリー

  メリーゴーラウンドは遊園地の定番遊具。しかしメリーゴーラウンドは場所を食う……そんなわけでキディライドでコンパクトなメリーゴーラウンドがあれば小規模なロケに設置してもらえるのではないか……そう考えているメーカーが多いのかどうか走りませんが、キディライドのメリーゴーラウンドというのはけっこうな数が出ています。
 そんな中でホープも小型のメリーゴーラウンドを販売していますが、スタンダードなものから変わったものまで何種類かバージョンがあるみたいなんですね。ここではそんなホープのメリーゴーラウンド3種類を紹介します。


▲スタンダードな馬のメリー。2頭立てのコンパクトサイズ。


▲一回り大きな3頭立てのメリー。料金は2頭立てと同じなのでちょっとお得。


 メリーゴーラウンドといえばやっぱり馬がメジャーだと思います(和名を「回転木馬」って言うくらいだしな)。が、馬でなければならないという理由はありません。そんなわけでホープからも馬ではないメリーゴーラウンドが登場します。大宮公園で発見したそれはたぶんキリンだと思いますが、メルヘン世界が一気にアフリカへとワープした、そんな感じです。

▲一瞬何の生き物かわかりかねましたが、まつげと角からキリンと推測。かなりかわいくアレンジしていますがキリンはねえだろキリンは。白馬に乗った王子様がパンツ一丁で雄叫びを上げている感じです。

 まあ、キリンでもいいじゃないですか一応動物だし。しかし、長崎や溝の口で見つけたそれはもはやメリーゴーラウンドというにはちょっと苦しいものがありました。筐体こそはメリーのそれを使っていますがもはや別物といわざるを得ません。

▲バイク。さすがにコレをメリーの仲間にするのはいかがかと思います。
 

 このほか、ホープ製品かどうかの確証はありませんが「ミニメリー」という製品があります。木製の板を切り取って馬に見立てた素朴なメリーゴーラウンドでたいへん古いものですが、今でも都内で2台が現役稼働しています。まずは浅草松屋のミニメリー。

▲素朴ですがステキなメリーゴーラウンドですが、馬に番号が書いてあるのはいかがなものか。競馬じゃないんだから……。

 素朴なデザインですが素敵だと思います。が、馬の鞍に番号が書いてあるのはちょっと違うんじゃないかなという気もしますが。少なくともこれから紹介する上の松坂屋のミニメリーに比べれば、メリーゴーラウンドにはずっと近いというものです。そんなわけで上野松坂屋のミニメリー。


▲上野松坂屋のミニメリー。どう見ても犬です。でもかわいいから許す。

 首輪といい顔つきといい後ろ足といい、どう見ても犬です。バイクのメリーもどうかと思いましたがまだまたがれるだけコンセプトとしてはまっとうなのかもしれません。さすがに犬にはまたがれないでしょう。とはいえ、このミニメリー、とてもかわいらしいので許せてしまうんですよね。ステキです。
 そんなわけで小さなメリーゴーラウンドにも、いろいろな製品があることをご紹介しました。次はトーゴのメリーゴーラウンドでも紹介しましょうか。いつになるかはお約束できませんが。

トップへ戻る inserted by FC2 system